他カードと比較

楽天カードとヤフーカードを比較【ポイント還元は楽天の方がいい!】

楽天カードとヤフーカードを比較!新しく作るならどっちがいい?

楽天カードとヤフーカードはどちらもポイントが貯まりやすい上に、年会費が無料で人気です。ただ同じポイント還元率でも実は楽天カードの方がポイントがたくさん貯まったりします。

今回は楽天カードの方がポイントが貯まる仕組みと、楽天カードとヤフーカードを比較して、それぞれの強みを解説しつつ、これから新しく作るのならどちらがいいのか、その選び方をご紹介してみたいと思います。

 

 

ヤフーカードより楽天カードの方がポイントが貯まる!

カード利用をする特典の大きな要因になるのは、ポイント還元率ですよね。

ヤフーカード・楽天カードどちらもポイント還元率が1%ではありますが、実はポイント還元のしくみが少し違います。

それぞれのポイント還元のしくみはこんな感じです。

楽天カード

1カ月に支払いした金額の合計に対して1%

ヤフーカード

1回の買い物につき100円ごとに1%

楽天カードは月の合計に対してポイント還元されるのに対して、ヤフーカードは1回の買い物ごとにポイント還元されます。

意外とこのしくみに気づいていない人って多いのではないでしょうか。ちなみに私は最初気づきませんでした。

どちらも1%のポイント還元率ですが、このポイント還元タイミングの差でけっこう差が出てくるんです。

 

楽天カードとヤフーカードでどのくらいポイント還元に差がでるのか?

それではもう少し詳しくどのくらいポイント還元に差が出てくるのか見ていきましょう。

楽天カードとヤフーカードの比較例をあげていきますね。

150円の商品を2回に分けて購入した場合

  • 楽天カード
    150円+150円⇒300円
    300円に対して1%還元
    結果
    ⇒3ポイント獲得
  • ヤフーカード
    150円で1%⇒1ポイント
    150円で1%⇒1ポイント
    結果
    ⇒累計2ポイント獲得
    (100円未満は切り捨て)

これは150円の商品を2回購入して支払っただけの例ですが、もうこの時点で1ポイントの差が出ています。

ヤフーカードは1回の支払いにつき100円ごとにポイント還元されるため、50円は切り捨てとなります。要はヤフーカードは150円買っても100円カウントなんです。

 

買い物回数が増えると差が出てくる

1回の買い物だと大して差はありませんが、ほとんどの買い物がカード決済になる方だと1カ月に利用した支払いした回数分だけ切り捨て処理が発生することになります。

 

支払い回数による損失イメージ

・月1回の支払いなら
⇒100円未満切り捨て1回
損失は少ない

・月10回の支払いなら
⇒100円未満切り捨て10回
ひと月数ポイント分は損失する
⇒年間で数十ポイントの損失になる

・月100回の支払いなら
⇒100円未満切り捨て100回
ひと月数十ポイント分は損失する
⇒年間で数百ポイントの損失になる!

現金での支払いよりカードで決済がメインの方になると、支払い回数も増えてヤフーカードのポイントの損失は増えてきます。

それに対して楽天カードは1回ごとではなく、月丸ごとまとめてのポイント還元なので、損失なくポイントを丸々1%の還元率でポイントをためることができます。

 

損失なくポイントを貯めたいなら楽天カードの方がいいと思います。

 

楽天カードとヤフーカードの詳細を表にて比較

ここまで楽天カードとヤフーカードのポイント還元率のことばかり取り上げてきましたが、それぞれのカードの強みもありますので、表にて楽天カードとヤフーカードの全体情報を比較して確認しましょう!
楽天カード
楽天カード
ヤフーカード
ヤフーカード
カードブランドVISA・MasterCard・JCB・アメックスVISA・MasterCard・JCB
年会費永年無料
ポイント還元率1%
(ひと月の合計で還元)
1%
(買い物ごとに還元)
買い物特典楽天グループ2%
楽天市場3%
ヤフーショッピング
ロハコ
いずれも3%
貯まるポイント楽天スーパーポイントTポイント
支払い方法1回・2回・リボ・分割・ボーナス払い
保険・補償海外旅行保険:利用付帯有料補償オプション
月額490円+税~
(18種類の手厚い補償)
ETCカード年会費550円
※プラチナ・ダイヤモンドランクなら無料になる
年会費550円
新規入会特典カード新規入会・利用で5,000円相当のポイントとくにポイントが貰える特典なし

他にもまだまだ2つのカードサービスの特徴はありますが、代表的な内容情報を取り上げて表比較しました。

大きな比較ポイントになるところを赤字で表現してます。

青色はそのカード独特のサービスです

 

楽天カードとYahoo! JAPANカードの主なサービスは以上のような感じです。

いかがでしょうか。

 

年会費無料ということだけでなく、選択できるカードブランド、ETCカードの年会費に至るまでけっこう似ていますね。

 

ポイント還元率が上がるお店が違う

楽天カードとヤフーカードはその名前の通りのお店でポイント還元率が高くなるようになっています。

  • 楽天カード
    楽天市場でポイント還元率3%
  • ヤフーカード
    ヤフーショッピング・ロハコでポイント還元率3%

 

ここはもういかにそのお店で買い物するかですね。

お店の買い物頻度が多いならその名前のカードを選ぶべきです。

 

保険・補償制度が違う

楽天カードとヤフ-カードでは保険・補償制度が大きく違います。

それぞれの保険・補償のウリ

  • 楽天カードは海外旅行傷害保険がウリ。
  • ヤフーカードは18種類の選べるプラチナ補償がウリ。

楽天カードは海外旅行における補償がカード利用付帯にて無料で付きます。

ヤフーカードは月額490円+税で、修理・破損・病気などの18種類の補償を受けることができます。

ここは無料でついているサービスを使いこなすか、有料でしっかり補償してもらいたいかという感じですね。

 

入会特典が違う

楽天カードとヤフ-カードの新規入会特典もけっこう違います。

昔は割と特典自体も似ていましたが、最近はけっこう違います。

楽天カード
新規入会特典
ヤフーカード
新規入会特典
新規入会で2000ポイント
カード利用で3000ポイント
とくにポイント貰えない

楽天カードは新規入会とカードを1回利用(金額ノルマなし)することで5000ポイント。ヤフーカードは新規入会でのポイントプレゼントはなし。

以前はヤフーカードも新規特典としてポイントが貰えていましたが今はありません。

 

まとめ

ここまで楽天カードとヤフーカードの内容を比較してきました。

いかがでしたでしょうか?

最後にこの2枚のカードを選ぶポイントをまとめておきます。

step
1
ポイント還元率で選ぶなら

  • 楽天カードは月額の合計に対してポイント還元1%
  • ヤフーカードは1度の買い物に対してポイント還元1%
ポイント還元率で選ぶなら、もれなく貯まる楽天カードがいいです。

 

step
2
利用する店舗で選ぶなら

  • 楽天カードは楽天市場・楽天トラベル・エネオスなどの楽天加盟店でポイントがよく貯まる
  • ヤフーカードはヤフーショッピング・ロハコ・ヤフオクなどのヤフー関連でポイントがよく貯まる
利用するお店が多い方でカードを選ぶのが得策です。

ネットでない実店舗の対応数で言うと、楽天加盟店の方がやや多い気がします。

 

step
3
入会特典の豪華さで選ぶなら

  • 楽天カードは新規入会特典が新規入会と利用で5000ポイント
  • ヤフーカードは新規入会特典は特になし
少し前までならヤフーカードが豪華でしたが、ここ最近は楽天の方が根強く特典がいいです。

 

正直2枚とも年会費無料のカードの中ではかなりいいカードです。

 

ただヤフーショッピングなどのヤフーでの利用があまりないのなら、楽天カードの方が総合的には一歩リードという印象を持ちます。

 

一番いいのは2枚両方同時持つことですけどね。

1枚に絞るのなら楽天カードの方がおすすめではあります。

 

以上、楽天カードとヤフーカードを比較でした。参考になればと思います。

 

【楽天カード申込みはコチラ】

 

 

 

楽天カードと定番人気クレジットカードを6つ比較してみました。


⇒楽天カードと人気クレジットカード比較【2020年まとめ版】

⇧定番でよく使われている人気カード6つと楽天カードを比較してみました。

 

 

引き続きよく読まれている記事一覧

 

 

8月9日本日の楽天カードキャンペーン?


①新規入会・カード利用で貰える

 


②楽天銀行口座開設
キャンペーン

 

本日の楽天カードキャンペーン解説

Copyright© ラクワシイ【楽天カードを一番詳しくお伝えする専門解説サイト】 , 2020 All Rights Reserved.