審査

楽天カードの審査対策!確実に作るための知っておきたい5つのコツ

楽天カードの審査対策となる5つのコツを紹介

楽天カードの審査対策!確実に作るための知っておきたい5つのコツ

クレジットカードを作るうえで必ずやらないといけないのがカード審査です。

審査では、収入や職業、家族構成、持ち家、今までのカード利用実績などのいろんな要素を見られ総合的にカードを利用しても問題ない人物かどうか判断されます。

カード審査にあまり自信のない方に、確実に作るための知っておきたいコツ・対策ポイントをまとめました。

 

審査のポイント1:基本的に嘘をつかない。正しい情報を入力

カード審査の時に入力する情報は正しい情報を入力するのが基本です。

審査入力画面で偽って、いいように入力してもわからないから、大丈夫だろうと思っても、普通にバレてます。

クレジット業界のネットワークは想像しているより情報収集がしっかりできています。

例えば消費者金融など借金が20万円などあったとして、借金が0円ですと記述したとしてもバレますし、その嘘が逆に信用度のマイナスにもなるので、きちんと借金がある場合は表記しましょう。

 

ただ、完全にきっちりした情報をかならず入れないとアウトになるわけでもありません。

例えば年収が319万だとした場合、320万などで入れてもこれくらいなら大丈夫です。(わずかな多少の誤差)

あとは、入力ミスにも気を付けます。

きちんとした情報を入力すれば、審査に受かる方でも、正しい情報を入力していないばっかりに不備や虚偽扱いで、審査に落とされるということもあります。

氏名・住所・連絡先・勤務先など、入力ミスにも気をつけ正しい情報を提示しましょう。

 

 

審査のポイント2:自宅連絡先の入力をしたほうがいい

クレジットカードの申込において、連絡先の入力は自宅連絡先または携帯も合わせて両方あったほうが審査は有利になります。

なぜ自宅連絡先があったほうが有利なのかというと、クレジットカードの会社にとって、より確実に連絡がとれる手段だからです。

自宅連絡先というのは、現住所と直接つながっている情報のため信用力が高いです。

それに対して、携帯については現住所とは関係がないですし、携帯は簡単に電話番号も変えることができてしまうため、信用力は薄くなります。

一番いいのは、自宅・携帯の両方入力、続いて自宅電話番号のみ、最後に携帯電話のみの順になります。

クレジットカード会社は信用を第一と考えています。自宅連絡先をもっていれば必ず入力しましょう。

 

 

審査のポイント3:短期間に複数のカード会社申し込みはNG

クレジットカード会社は情報を共有しています。

他のカード審査に通っていたとしても、短期間に複数のカード申し込みをしているのは、カード会社にとって印象がよくありません。(申し込みしたことはつつ抜けです。)

短期間でカード申し込みを複数するのは、カード審査も徐々に通りにくくなります。

一度にたくさんのカード申し込みはしないようにしましょう。

 

 

審査のポイント4:収入内容はきちんと提示

クレジットカードにおいて定期的な収入、すなわち年収は最大のアピールポイントです。

もちろん嘘はいけませんが、ここは最大限にアピールしましょう。

年収の計算

1か月の総支給 × 12 + ボーナス賞与
⇒これが年収の金額

※手取りで計算しなくていい

働き始めたばかりで1年に満たない場合は、初任給の総支給で12カ月かけた年収入力すればよいかと思います。

 

預貯金・世帯年収も入力する

めんどうくさがらずに個人の持っている貯金額や、一緒に住んでいる家族の年収も把握して入力するのも、それだけ支払い能力がある状態ですとアピールできます。

しっかり確認して預貯金や世帯年収も入力しましょうね。

 

 

審査のポイント5:信用・信頼度をあげる

さらなる審査対策のコツとしては、まず審査の通りやすいクレジットカードを取得してそのクレジットカードをしばらく利用して支払いをすることで、カードを使っても問題がないという実績を作ることで信用度・信頼度あげることができます。

この行為がクレヒス(クレジットヒストリー)を作ることとなります。

 

たとえ審査が今回ダメだったとしても、クレヒスを作った状態で申し込むと再審査に挑戦するとカードが作れることも普通にあります。

楽天カードは作りやすい方のカードなので、別のクレジットカードにどうしても審査に通りたいときに楽天カードでクレヒスを作るとよいのではないかと思います。

 

すぐカードの再申し込みするのはダメ

いちお書いておきますが、もしもクレジットカードの審査に落ちてしまったら、同カード会社の申込には期間を開けるようにしましょう。

だいたい半年くらい間をあければ審査してダメだった履歴はなくなると言われています。同カード会社の申込には期間が空いてしまうので、審査に受かりにくいカード会社を申し込むときにはとくに注意が必要です。

 

クレジットカードの審査基準「3C」を極めることが大事

あと余談ですが、クレジットカードの審査基準「3C」についてもお伝えしておきます。

審査基準の3C

3Cというのはクレジットカードの審査における大事な3要素のCから始まる頭文字をとったものです。

  • Capacity(資力・返済能力)
    ・きちんとお金が払えるか?
    ・収入が本人または周りにあるか?
    ⇒おもに年収・預貯金・世帯年収
  • Character(性格・返済意志)
    ・決められた期限に支払う意思があるか?
    ・今現在または今まで支払いの遅延がないか?
    ⇒これまでのクレヒス
  • Capital(資産・担保)
    ・負債の担保として資産を持っているか?
    ・他社のローンなど借金があるか?
    ⇒おもに持ち家があるか?その歴は?

 

簡単に言うと、借りたものをきちんと返す人なのか、返せる能力または返せる資産がある人なのかがカード審査には大事ということですね。

 

まとめ

今回は楽天カードの審査対策となる5つのコツを紹介してきました。

審査対策のコツまとめ

  1. 嘘はつかない。正しい情報入力をする
  2. 自宅電話があるなら入力
  3. 短期間にカード申し込みはしない。1点集中
  4. 収入は総支給額計算。ボーナスがあれば加算
  5. 信用度が今一つならクレヒスを作る

このコツは楽天カードをはじめとしてどのクレジットカードにおいても気を付けておきたいポイントです。

一言でまとめると、クレジットカードの審査はとにかく信用が第一だということ。嘘はつかない。正しい情報を入力するのが一番です。

あとはできるだけプラスになる情報は(自宅連絡先や総支給計算)はしっかり逃さず入れましょう。

 

審査に一度落ちてしまうと、半年くらい期間を開けないといけないと短期申し込み扱いにもなるので、審査が不安な場合は、作るのが難しいと言われているカードはできるだけ控えておくのがいいと思います。

いろんなクレジットカードがありますが、審査に不安な方は楽天カードが作成においての評判も作りやすくてよいのでおすすめです

 

以上、楽天カードの審査に受かるためのコツ5選でした。

 

 

楽天カード申込予定の方はこちらチェック推奨です

 

 

このサイトでは他にも楽天カードの便利情報など幅広くまとめていますので、気になるものがあれば確認してみてくださいね♪

 

引き続きよく読まれている記事一覧

 

 

 

9月28日本日の楽天カードキャンペーン


新規入会・カード利用で
6000ポイント貰える
さらに楽天市場の買い物が
最大6倍で貰える

 


楽天パンダ
和風ハンカチタオルセット
抽選でもらえる

※キャンペーン
9月30日10時まで

キャンペーンの特典ポイントを貰うための方法・条件解説

Copyright© ラクワシイ【楽天カードを一番詳しくお伝えする専門解説サイト】 , 2020 All Rights Reserved.