カードスペック集

楽天カードの海外旅行傷害保険の補償内容と注意点

楽天カードの海外旅行傷害保険の補償内容と注意点

楽天カードのサービスの中には海外旅行中の病気やケガを補償するあんしんの保険サービス海外旅行傷害保険というものがあります。

無料ながらも手厚い保険金額が補償されているサービスですが、適用条件などの注意点もあるので、内容と注意点をしっかり把握しておきましょう。

楽天カードの海外旅行傷害保険の補償内容(保険金額)

楽天カード海外旅行傷害保険の補償内容

  • 死亡後遺障害
    最高2000万円
  • 傷害治療費用
    最高200万円
  • 疾病治療費用
    最高200万円
  • 賠償責任
    最高2000万円
  • 携行品損害
    最高20万円(免責金額3000円)
  • 救援者費用
    最高200万円

海外旅行傷害保険の適用条件が変わりました。

2020年10月1日より、海外旅行傷害保険の適用条件が変更となりました。
日本を出国する前に募集型企画旅行代金を楽天カードで支払いをすることが適用条件です。
※現在は自宅から出発空港までの交通費では保険のご利用条件を満たさないので注意しましょう。

楽天カード海外旅行傷害保険は年会費無料の割には、すごい金額の補償をうけられますが、これらはあくまで「利用付帯」の補償なので注意です。

 

利用付帯とは?

楽天カード決済したことにより補償が受けられるものとなります。

ですので、海外における募集型企画旅行(旅行代理店で予約した海外パックツアー)の代金は事前にカード払いにするのがいいでしょう。

 

楽天カード海外旅行傷害保険の注意点

楽天カード海外旅行傷害保険の注意点は主に3つあります。

step
1
利用付帯なので楽天カード払いが鉄則

楽天カードの海外旅行傷害保険は利用付帯なので、補償を有効化するには日本を出国する前に海外ツアー旅行の料金を楽天カードで支払わないといけません。

楽天カードを持っていたら補償が受けられるわけではなく、旅行する前にツアー代金を楽天カードで支払いしていないといけません。

 

step
2
補償が受けられるのは楽天カード所有者のみ

海外旅行傷害保険の適用は楽天カードをもっている人のみになります。

海外旅行の際に同行する家族や友人、配偶者にも補償を適用させたい場合は、楽天カードまたは楽天家族カードを持っている必要があります。

いわゆる旅行者全員が楽天カードの会員になってない全員に補償はないということですね。

支払いについては、旅行者の内一人が楽天カードで決済していればOKです。

 

18歳未満の方は保険対象外

※ちなみに18歳未満のお子さんについては、楽天カードや楽天家族カードを持つことができないので、楽天カードの海外旅行傷害保険の適用外になります。

 

step
3
出国前の決済により補償が受けられる

海外旅行中にホテルやレンタカーなどを利用したからといって、海外旅行傷害保険の対象にはなりません。

あくまで、日本を出国する前にツアー料金の支払いに楽天カードを利用したときのみ保険適用になります。

 

海外ツアー料金は前もって楽天カードで払いましょう

楽天カードの海外旅行傷害保険は日本から出国する前に楽天カードでツアー料金を支払えば保険が適用されます。

保険対象が楽天カードを持っていなければ対象外なので、これから海外旅行に行く機会があるのであればこれを機会に全員が楽天カードを作ってしまうのも手だと思います。

海外旅行ツアーを計画している方は、楽天カードで決済して予約するのがおすすめです。

 

引き続きよく読まれている記事一覧

 

 

10月23日本日の楽天カードキャンペーン


新規入会・カード利用で
5000ポイント貰える


ディズニーデザイン選択で
ミッキーボトルが抽選で貰える

 

【お得キャンペーン期間】
2020年10月19日~10月26日まで

キャンペーンの特典ポイントを貰うための方法・条件解説

Copyright© ラクワシイ【楽天カードを一番詳しくお伝えする専門解説サイト】 , 2020 All Rights Reserved.