楽天カードを一番詳しくお伝えする専門解説サイト

ラクワシイ

カード作成後の疑問集

楽天カードの解約・退会方法

楽天カードの解約・退会方法

 

楽天カードに入会してカードを持っていたけど、もうカードを使わなくなったから解約したい。

 

でもカードを止めるにはどうすればいいんだろうと悩んでいる方の為に今回は楽天カードの解約・退会方法をまとめました。

 

 

楽天カードの解約・退会方法

 

楽天カードの解約・退会については、電話するだけで簡単にできます。

 

楽天カード解約・退会受付電話番号

0570-66-6910
(受付時間9:30~17:30)

 

上記の電話番号に電話をかけると、音声ガイダンスが流れてきます。

 

音声ガイダンスが流れている途中でプッシュ操作もできます。

 

解約をすぐに行いたい方はスキップ番号「3800#」を入力すると、ショートカットでカード解約手続きのところまですぐ移ることができます。

 

楽天カードは自動音声にしたがって解約手続き処理を行っていきます。

 

アナウンスに流れる通り指定される番号を入力をしていけば、楽天カードの解約・退会手続きは完了になります。

 

※解約の時にクレジットカード番号や暗証番号の入力が必要になるので、電話をかけるまえに準備しておきましょう。

 

よくクレジットカードの解約手続きにおいては、解約理由を聞かれたりもあるのですが、楽天カードは特に聞かれることもなく、あっさり手続きは終了します。

 

電話が終わったら、楽天カードをハサミでカットして使えないようにして破棄しましょう。

 

 

楽天ETCカードの解約・退会方法

楽天ETCカード

 

楽天カードを解約すると、ETCカードも同時に解約になります。

 

ETCカードが楽天カードと一緒に解約になっていることを知らずに、高速に乗らないように注意しましょう。

 

ここではETCカードだけ解約したい場合の方法を載せておきます。

 

楽天ETCカード専用解約・退会受付番号

0570-04-6910
(24時間・年中無休対応)

※楽天カードの方と微妙に解約受付の番号が違います。

 

電話をかけると、楽天カード同様音声ガイダンスが流れます。

 

ETCカードも音声ガイダンスが流れている途中でプッシュ操作もできます。

 

解約をすぐに行いたい方はスキップ番号「3800#」を入力すると、ショートカットでカード解約手続きのところまですぐ移ることができます。

 

あとは自動音声にしたがって解約手続き処理を行っていきます。

 

アナウンスに流れる通り指定される番号を入力をしていけば、ETCカードの解約・退会手続きは完了になります。

 

ETCカードも解約が完了したらハサミでカードをカットして使えないようにしておきましょう。

 

 

楽天カードの解約する時の注意点

楽天カードの解約の注意点
楽天カードの解約手続きは、電話をかけて自動音声に従ってカード情報などをプッシュしていけば簡単に解約手続きを行うことができます。

 

カードを解約するのはすごく簡単ですが、解約する前に確認した方がいい注意点がいくつかあるのでまとめてみました。

 

解約注意点① 楽天カードの利用した残りの支払いはないか?

楽天カードを解約したからと言って、カード利用分の支払いがなくなることはありません。

 

すごくあたりまえなことですが、気を抜いて忘れないようにしないといけません。

 

解約したことによって、カードの利用分の振込などを忘れて支払い遅延にならないようにしましょう。

 

基本的には、解約をする前に利用分は完済してからカード解約するほうがいいと思います。

 

 

解約注意点② 携帯や公共料金などの自動引き落としはないか?

楽天カードで、電気・水道・ガスなどの公共料金や携帯電話の料金などの月々自動で引き落としされるものを設定していた場合は、違うカードまたは口座から引き落としされるように支払いの変更手続きを行っておくようにしましょう。

 

カードを解約してからは支払いができないので、変更できていないと支払いが未払いになり自動的に遅延扱いになってしまう恐れがあります。

 

ここに該当する方は、忘れないように変更しておきましょう。

 

解約注意点③ 短期解約はマイナス評価

楽天カードの短期解約はダメ!

カード解約自体は、電話一本で簡単に解約ができてしまいますが、カードを今まで利用した契約情報は残るので、短い期間でのカード解約は今後のカードを作る審査において悪影響になることがあります。

 

特にクレジットカードを作ってからすぐに解約を行うと、入会ポイントだけの目的で作られていると見られてしまいます。

 

クレジットカード(楽天カード)を作ったら、短くてもだいたい半年~1年くらいは持っておくことが無難です。

 

特に楽天カードは年会費がかからないので、なるべく長くもっておくほうがいいと思います。

 

 

解約注意点④ 同じカードは再入会しにくくなる

楽天カードを始めとしたクレジットカードは、一度解約すると、再入会の際にカード審査に通りにくくなる傾向があるので、解約する前にこれからもう使わないかな?というのをしっかり考えてから解約するようにしましょう。

 

 

解約する前に覚えておくといい2つのポイント。

「楽天カードの楽天ポイントはなくならない。」

時々勘違いされる方もいるのですが、楽天カードを解約しても、楽天会員の退会にはなりません。

 

楽天会員と楽天カードは別物です。

 

したがって、楽天のポイントはカードを解約してもそのまま利用することができます。

 

 

楽天のメルマガはカードを解約しなくても簡単に停止することができる。

楽天カードを申し込むとたくさんのメルマガが届いてうざい、メルマガが来るくらいならカードも使わないし、カードを解約しようと思う方もいるかもしれませんが、メルマガは楽天カードのネットサイトから簡単に配信解除できます。

 

メルマガ原因のカード解約ならまずは配信解除がおすすめです。

 

 

まとめ

解約・退会方法総括

解約連絡先

楽天カードの解約先

0570-66-6910
(受付時間9:30~17:30)
「3800#」」

楽天ETCカードの解約先

0570-04-6910
(24時間・年中無休対応)

※楽天カードの方と微妙に解約受付の番号が違います。

楽天カード・楽天ETCカードどちらも電話をすると、自動音声につながり、ガイダンスにそって操作すれば簡単に解約・退会できます。

解約をするときには、楽天カードとETCカード両方とも解約するのか?それともETCカードだけ解約するのか?

用途に応じて解約操作するようにしましょう。

ETCカードを残して楽天カードだけ解約はできないので注意しましょう。

 

解約の注意点総括

解約注意点

  • 楽天カードの利用した残りの支払いはないか?
  • 携帯や公共料金などの自動引き落としはないか?
  • 短期解約はマイナス評価
  • 同じカードは再入会しにくくなる

楽天カードの解約する時には、残りカード利用分の支払いの有無、公共料金自動引き落としの有無、解約が短期すぎないかを確認してから解約手続きすればOKです。

今後別のクレジットカードを持つこともあると思うので、個人情報の信用度を落とさないためにも半年~1年くらいは楽天カードを所持・利用はしておきましょう!!

 

カードは半年~1年は最低でも持ちましょう

※クレジットカードの短期解約については、金融信用情報としてマイナス要素として情報が残ってしまいます。

もし楽天カードに入会したばかりだとしたら、半年~1年間は解約をせずにカードを利用または使わないとしても所持だけはしておくようにしましょう。

 

 

引き続きよく読まれている記事一覧

楽天カードは入会ポイントをもらう目的で入会・作成してもいいの?

楽天カードは新規入会でもらえるポイント目的で入会してもよいのか?

続きを見る

楽天カードはネット以外の申し込みはできないの?
楽天カードはネット以外の申込はできる?できない?

楽天カードはネット以外から申込できないのか?

続きを見る

楽天カードの審査に専業主婦が挑戦!
楽天カードは専業主婦でも審査に通るのか?実際に申込した結果は・・

専業主婦が楽天カードに申込!審査結果は?

続きを見る

 

-カード作成後の疑問集

Copyright© ラクワシイ , 2019 All Rights Reserved.