他カードと比較

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いをわかりやすく解説!

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを解説

2016年9月1日より楽天カード株式会社から楽天ゴールドカードが誕生しました。

この楽天ゴールドカードは楽天カードと比べてどんなところが違うのか、2つのカードの特徴と違いを交えて解説していきます。

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを比較

まずは楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを表にまとめたので比較してみましょう。

楽天カード

楽天ゴールドカード

デザイン

楽天カード

楽天ゴールドカード
申込可能年齢

18歳以上
(高校生は申込不可)

20歳以上

年会費

永年無料

2000円

カードブランド

VISA・MasterCard・JCB・アメックス

VISA・MasterCard・JCB

カード利用可能枠

最大100万円

最大200万円

ポイント還元率

通常:1%
楽天グループ:2%
楽天市場:3%~

通常:1%
楽天グループ:2%
楽天市場:5%~

家族カード

永年無料

500円

ETCカード

年会費500円

年会費無料

空港ラウンジサービス

なし

国内28カ所・海外2カ所の
空港ラウンジが利用可能

海外旅行保険

カード利用付帯で最大2000万円

問い合わせ

一般ダイヤルでオペレーターへ

ゴールドカード専用デスクへ

以上が主な楽天カードと楽天ゴールドカードのカード情報の詳細になります。

2つのカードの内容が違うところを赤文字にしてみたのですが、けっこう違いが多いような気がします。

1つずつサービスの違いについてみてみましょう!

 

違い1 年齢

ひとつ目の違いは年齢です。

楽天カードは高校生でない18歳であれば誰でも申し込むことが可能ですが、それに対して楽天ゴールドカードは18歳では申込ができず20歳以上でないと申込ができません。

10代でカードが欲しいのなら楽天カードで決まりですね。20歳からは2つのカードが選択できます。

楽天ゴールドカードが作れるのは20歳以上からできます。

 

違い2 年会費

楽天カードは年会費が無料ですが、楽天ゴールドカードは2000円の年会費が必要となります。ゴールドカードで無料というのは基本ないので、ここはしょうがないところかなと思います。

カードにお金をかけたくないのなら通常の楽天カードになります。

楽天ゴールドカードは年会費が必要です。

通常の楽天カードは無料。

 

違い3 カード利用枠

カード利用枠についても違います。楽天カードは最大100万円。楽天ゴールドカードは最大200万円と言われています。

利用可能枠がいくらになるかは審査次第ですが、比較的楽天カード自体の利用可能枠は大きくなることが多いので、この利用可能枠は人によっては、そこまで気にならないところかもしれません。

年収が多く、100万円以上の利用可能枠が欲しいときは楽天ゴールドカードがいいと思います。

100万以上の利用可能枠が欲しいなら楽天ゴールドカードがいいでしょう。

 

違い4 ポイント還元率

通常のグレードカードとゴールドカードの比較なので、けっこう違いがあるのかと思ったらほとんど同じです。

楽天カードも楽天ゴールドカードも街中で買い物する場合は1%の還元率。楽天トラベルなどの楽天グループで買い物をする場合は2%となっています。

ただ楽天市場で買い物する場合は差が出てきます。
楽天カードは3%。楽天ゴールドカードは5%です。

楽天市場での買い物が常日頃から多い場合は楽天ゴールドカードの方がお得となります。

楽天市場での買い物についてのポイント還元率は大きな差があります。

 

違い5 家族カード

家族カード利用においての違いは、楽天カードが無料で、楽天ゴールドカードが年会費として500円が必要となります。

楽天ゴールドカードの家族カードは、年会費が500円ほど必要です。

 

違い6 ETCカード

楽天ETCカード

ETCカードについての違いは、楽天カードが年会費500円で、楽天ゴールドカードが年会費無料となっています。

このETCカード利用については断然楽天ゴールドカードの方がいいと思います。

楽天ゴールドカードのETCカードは完全に年会費無料で利用ができます。

 

違い7 空港ラウンジサービス

この空港ラウンジサービスは楽天カードと楽天ゴールドカードを選択するうえでもっとも重要な違いになるかと思います。

楽天ゴールドカードについては、国内の28カ所と海外の2カ所の空港ラウンジにおいての利用が可能となっています。

ゴールドカードを持つというカードブランド力や利用可能枠、ポイント還元率以外においてはいかにこの空港ラウンジサービスが使いたいか使わなくてもいいのかというのが楽天カードと楽天ゴールドカードを選択するポイントとなってきます。

空港ラウンジ利用は日頃より国内移動の飛行機の利用が多い方にとっては重宝されるサービスですが、飛行機自体を年に1回利用するかしないかの場合だったらとくになくてもいいのではないかと個人的には思いました。

空港ラウンジサービスの有無が大きな決め手

楽天ゴールドカードは、国内の28カ所と海外の2カ所の空港ラウンジの利用が可能。ゴールドカードにする意味においてここは大きなポイント

 

違い8 問い合わせ


楽天カードと楽天ゴールドカードとでは、困ったときの問い合わせ先が違います。

楽天カードは一般ダイヤルが対応となっており、休日や月末においては電話がつながりにくい傾向にあるのに対して、楽天ゴールドカードは専用デスクなので、割と電話の方もつながりやすく対応してもらうことができ快適です。

ただ平日や14時~16時くらいなどの比較的回線が混まない時間帯にかければ楽天カードのコンタクトセンターも月末でなければつながるのではないかなと思います。

楽天ゴールドカードは専用デスクなので、電話もつながりやすく対応もいい。

それに対して楽天カードはなかなか電話がつながりにくい傾向があります。

 

まとめ

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いをここまで比較して解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

細かい違いはたくさんあると思いますが、結局楽天カードと楽天ゴールドカードのどちらを選ぶかの大きな理由については、

  • ゴールドカードがいいか?
  • 空港ラウンジサービスを使いたいか?

この2点になってくるかと思います。

 

特にゴールドカードでなくてもいいし、空港ラウンジを使わないという方においては通常の楽天カードで十分事が足りると私自身は思います。

自分にとって快適な楽天カードをチョイスするようにしましょう~!

 

楽天カード申込み検討中の方はこちら

申込前に確認する事

※申し込み前に準備・確認しておく事・申込の流れ・申し込み手続きをご案内

 

楽天ゴールドカードの申込

詳しくはコチラ

※ゴールドカードの申し込みサイトに移動

 

引き続きよく読まれている記事一覧

 

 

8月9日本日の楽天カードキャンペーン?


①新規入会・カード利用で貰える

 


②楽天銀行口座開設
キャンペーン

 

本日の楽天カードキャンペーン解説

Copyright© ラクワシイ【楽天カードを一番詳しくお伝えする専門解説サイト】 , 2020 All Rights Reserved.